愛媛県新居浜市の観光、別子銅山ツアー

別子銅山ロゴ

天空の遺産 別子銅山

銅山開発という目的のもと拓かれた、天空のまち、東平。
貯鉱庫、索道基地、インクラインの跡や、第三通洞、第三変電所など時を経て緑に包まれた山には、
往時をしのぶ多数の遺産が残っています。

天空の遺産 別子銅山

第三通洞

明治27年から作業をはじめ、明治35年に東延斜抗底までの1,7950mを貫通。さらに、東平~日浦通洞へと繋がることにより、3,915mが結ばれました。

火薬庫跡

明治45年に探鉱を目的に開削された坑道を活用したもので、坑道掘削用のダイナマイトなどを保管していました。



小マンプ

東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルがあります。東平集落にある短いトンネルを小マンプと呼んでいました。トンネル内には、坑内を走っていた「かご電車」などが展示されています。

東平歴史資料館

鉱山の町として賑わった東平の往時の生活文化や銅及び別子銅山等を紹介しています。館内では東平のかつての姿を3DCGで再現した映像をお楽しみいただけます。

旧保安本部

変電所として建設され、その後山林課事務所、保安本部として保安、採掘に関する管理を担っていました。現在は「マイン工房」として生まれ代わり、銅版画等の体験を行っています。

インクライン

端出場から索道で東平へと運ばれてきた物資は、インクラインを通じて荷揚げされていました。現在は東平ゾーンの園内遊歩道の一部、220段の長大階段に生まれ代わっています。

貯鉱庫跡

東平地域を代表する産業遺産のひとつ。第三通洞経由で運ばれてきた鉱石と、新太平坑と東平を結ぶ太東索道から運ばれてきた鉱石を、一時的に貯蔵するものでした。

苗名滝

索道停車場跡

東平索道停車場は、鉱山施設が集中していた東平集落の下部にあり、東平と端出場(黒石)を結ぶ主要輸送機関でした。鉱石は、隣接する貯鉱庫から搬器に移され、端出場へと運ばれていました。

大マンプ

東平の電車乗り場から第三通洞へ向けて2つのトンネルの内長い方のトンネル、大マンプです。

変電所跡

明治37年に建設され、遠登志にあった水力発電所から送られてくる3,300ボルトの電圧を350ボルトに変圧し、鉱業用と社宅用の電気として使用されていました。

ページトップへ